じぶん銀行 カードローン



自分銀行カードローン

◎じぶん銀行カードローンの基本情報
実質年率 1.9%~12.5%
限度額 300万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社じぶん銀行
自分銀行の公式サイトへ

じぶん銀行カードローンはご存知でしょうか。なかなか特徴的な一面を持つのですが、知らない人も多いのではないでしょうか。

うまく使えばATM手数料無料や振込手数料を無料にすることができるメリットがあります。

さらに、auユーザーには特にお得な特典があります。本文中ではじぶん銀行カードローンのポイントについてまとめていきます。

じぶん銀行 カードローンについて

じぶん銀行は三菱東京銀行、およびKDDIが共同出資したインターネット銀行です。じぶん銀行カードローンは提供するサービスのひとつです。成立の過程からauユーザーには有利なカードローンとして知られていました。

例えば、年2.2%から17.5%と金利はあまり低くはないのですが、かわりにauのユーザーなら特典があります。条件さえ満たしていれば、金利そのものに優遇が得られます。

他にもATM手数料が無料なことも特徴的です。しかも、全国のコンビニで24時間、365日利用可能という範囲の広さを誇ります。利用回数も無制限です。1000円単位での借り入れも可能です。

金利は年2.2%~17.5%

年利2.2%~17.5%であることは銀行系カードローンとしても、もちろんですが、消費者金融系カードローンと比べてもそこまで低いとは言えないでしょう。このままなら、じぶん銀行から借りることにメリットはありません。しかし、auユーザーには金利に対して優遇措置があります。

例えば、「借り換えコース」で利用する場合には、年利1.7%~12.5%となります。限度額と金利の関係から年0.5%の優遇が得られます。この借り換えコースは、審査の結果、限度額100万円以上の状態で、他社から借り換えする場合に成立します。

そしてauユーザーなら誰でも借りられる「誰でもコース」というものがあります。こちらは年々2.1%~17.4%という0.1%の優遇が得られます。

現在複数の業者からお金を借りている場合に、借り換えて一本化を目指す、おまとめをするという場合には、オススメなカードローンだと考えられます。

ATM手数料が0円

ATM手数料が0円になります。じぶん銀行提携のATMでのお借り入れと返済が無料です。

全国のコンビニで利用でき、365日24時間借り入れることができます。該当ATMはセブン銀行やゆうちょ銀行、ローソンATM、E-NET、そして、当然ですが三菱東京UFJ銀行などです。

他の特徴としては利用回数が無制限になります。また、千円単位での借入や返済が可能です。

この利便性の高さは他のカードローンにはないものです。他のカードローンでも、ATMの手数料が無料というところはあります。しかし、それは時間が決まっていたり、場所は決まっていたりするものでした。

自分銀行カードローンはATM手数料が無料で扱える範囲がかなり広いカードローンです。

家族に秘密で借り入れ可能

家族にばれないでじぶん銀行カードローンを利用することも比較的簡単です。

カードローンを利用するときは、あまり人に知られたくないという人もいるでしょう。そういった場合は、じぶん銀行カードローンから借りてみることをおすすめします。

じぶん銀行カードローンの手続きは、全てWEB上で簡単に契約の申し込みができるため、来店が不要になります。もっとも、もともとインターネット銀行ですので、店舗契約ということはできません。このカードローンは他のカードローンと比べてネット上での契約を最も得意としているということでもあります。

今では本人確認書類の提出などもスマホで簡単にできるため、郵送でのやり取りが生じてバレる可能性を減らすことになります。

利用明細もWEB明細が基本であるため、ここでも自宅への郵送が発生しません。元々ネット上でやり取りすることを前提としたカードローンなので、店舗がある他のカードローンと比べて、郵便物が原因でバレる可能性は低いといえるでしょう。

毎月の返済なんと1000円からでOK

ATM手数料の話をした時に多少触れましたが、じぶん銀行カードローンの月あたり返済額は1000円から設定することができます。

月々の返済負担はかなり緩和されることでしょう。お金を借りた直後でも定期的にまとまった金額を返済できることがベターです。しかし、借りた直後はやや不安定なので、負担を軽くしたいと言うのも分かります。

借りた直後に返済額を決める時に、最初金額が低く設定されているのはありがたい話です。その代わりに、返済がなかなか進まなくなるため、返済期間が長期間化します。

元本がなかなか減らないため、結局は借金生活が長引いていくということにもなりかねません。支払いが安定してきたら、今度は返済金額を大きくしていくことが必要かもしれません。

しかし、借り換えて一本化した場合などに、今まさに自分の財布状況が火の車であれば、返済額をかなり小さく設定できるじぶん銀行は、相当良い選択と言えるでしょう。自分の家計を立て直した後に、繰り上げ返済していく方向で考えても良いのではないでしょうか。

自分銀行カードローン

◎じぶん銀行カードローンの基本情報
実質年率 1.9%~12.5%
限度額 300万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社じぶん銀行
自分銀行の公式サイトへ