お金借りる 低金利



低金利でお金を借りるには?

キャッシングを利用する際には、利息がどれくらいになるかが非常に気になるかと思います。どうせなら、利息は低く、こちらからの出費は安くできたらいいですよね。そのためには低金利でお金を借りる方法を知る必要があります。

具体的に挙げると以下のようなところからお金を借りることがその方法と言えます。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融の無利息期間を活用する
  • 市役所やろうきん
  • 日本政策金融公庫

などになります。それぞれについて具体的により説明していきましょう。

銀行のカードローンでお金借りると低金利?

銀行カードローンはだいたいが消費者金融よりも低い金利でお金を借入できるようになっています。

また、消費者金融との違いとしては、総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1以上でもお金を借りることができるようになっています。

ただ、審査基準が消費者金融と比べると厳しめに設定されており、審査に通過する可能性が消費者金融と比べると1.5倍ほど悪くなっており、しかも審査に掛かる時間が長くなってしまいがちなデメリットがあります。

また、少額融資には消極的なために、低い金額のお金を借りようとすると審査に落ちてしまい易いという傾向もあります。
銀行カードローンはどちらかと言えば、高額融資を専門に取り扱っており、総量規制もないために高額のお金を借りるときに低金利の真価を発揮させられると思います。

なお、有名な銀行カードローンの金利率と借入限度額は以下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%から14.6% 500万円
  • みずほ銀行カードローン 2%から14% 800万円
  • オリックス銀行カードローン 1.7%から17.8% 800万円
  • 三井住友銀行カードローン 4%から14.5% 800万円

基本的には高額融資の際に最低金利率が適用され、少額融資の際に最高金利が適用されるようになっていますので、こちらを見ても高額融資の時の方が金利率が低くなるということが分かるかと思います。

消費者金融のカードローンでお金借りると低金利?

消費者金融は金利率が銀行カードローンと比較すると高めに設定されています。

しかし、大手の消費者金融であればその多くで無利息期間が用意されています。この無利息期間はその名前の通り、一定期間の間だけ金利が発生しなくなるというもので、消費者金融の中ではほぼ一律で30日間の無利息期間が設定されています。

プロミスにも無利息期間がありますね。こちらは初回利用時限定で30日間の無利息期間が付与されます。その他のアイフルやアコムなどの無利息期間も初回利用時限定の30日間の無利息期間になっています。そのため、初めてキャッシングを利用する人はお得にキャッシングを利用することができるようになると言えますね。

もちろん、この無利息期間の間にお金を全て返済をすることができれば、完全に利息を1円も支払うことなく、タダで利用することができます。それに、30日間の無利息期間では金額の上限が決められていませんので、高額融資の際にも活用できます。

高額融資であれば30日間で発生する利息の金額も大きいので、こちらの方がお得になることもありますね。

他の無利息期間としては、ノーローンの借入のたびに付与される1週間の無利息期間もあります。
もっとも、消費者金融の場合は少額融資を積極的に取り扱っていて、審査時間も早く、審査基準も銀行カードローンよりもゆるめに設定されています。

また、少額融資であれば、発生する金利の違いもそこまでなく、銀行カードローン、消費者金融で10万円の借り入れをした際の利息の差額は100円くらいになります。

そのため、少額融資の際には発生する利息を気にすることはあまりせずに、消費者金融を利用した方がいいばあいもあるでしょう。
もちろん、無利息期間も利用できればそちらを優先した方がいい場合もありますね。

教育なら日本政策金融公庫の教育ローンが低金利

もしも、教育のためにお金を借りるのであれば、消費者金融や銀行ではなく、日本政策金融公庫を利用しましょう。
日本政策金融公庫は政策金融機関の一つであり、国が用意している金融機関です。

教育ローンとしては、教育一般貸付を利用することができます。こちらは奨学金との併用も可能で、入学金や学費、海外留学の資金、資格取得のための資金として使うことが出来ます。

最高借入限度額は350万円で、金利は1.81%の固定金利となっていますので、非常に安心してお金を借りることができます。
さらに、金利率については子供が3人以上で、世帯収入が500万円、所得が346万円の方、または父子家庭、母子家庭、世帯年収が200万円、所得が122万円の世帯がお金を借りる際には、金利率が1.41%まで引き下げられます。

なお、借入をする際には、教育資金補償基金か連帯保証人が必要になります。返済期間は15年以内となっていますが、毎月の返済額が基本的に一定となりますので、比較的返済がし易くなっています。

教育には何かとお金がかかりますので、子供の進学や就学のためにお金が必要になる場合には、日本政策金融公庫を利用して、お金を借りるといいでしょう。