総量規制対象外



総量規制とは

総量規制は、賃金業法によって決められた、一人の利用者に対して、その利用者の年収の3分の1以上のお金を賃金業法が適用される金融機関は貸し付けてはいけないという法律です。

賃金業法が適用されるのは、消費者金融、信販業者、クレジット会社などです。大手でも中小にも関わらず、年収の3分の1以上のお金を貸すことはできません。できるのは対象外となる銀行のみです。

元々は利息制限法と出資法という二つの法律で上限金利が制定されており、その二つの金利に差があったため、どちらの上限を設定するかがあいまいでした。そのせいでグレーゾーン金利と呼ばれる違法紛いの金利が消費者金融などではびこり、2010年に法改正がされて、総量規制ができるまでは放置されていました。

少なくとも総量規制は利用者のための法律であり、これによって過払い金請求などが盛んに行われて、救われた債権者もいます。しかし、限度額が設定されてしまったために、お金を借りられない利用者も増えたという問題点もあります。

銀行カードローンの過剰の貸付が問題

限度額が設定された方が、年収の3分の1以上のお金を借りるためには、銀行カードローンを利用するしかありません。

そのために、銀行に対して審査を受けて借入をする人がここ数年で爆発的に増加しました。しかし、そのせいで逆に返済ができないほどのお金を銀行から借りてしまう、という問題も発生してしまっています。これでは堂々巡りですね。この問題は銀行カードローンの過剰貸し付けについてとして、2017年に参議院でも取り上げられています。

そこで決められたことは、総量規制の対象外、所得証明書不要、というようなよりたくさんのお金を借りられるというイメージを植え付けるような宣伝文句を表示することを禁じることになりました。

他にも、過剰な借り入れを防止するために審査体勢を見直すことが検討されています。十分な返済能力がある方ならば大丈夫ですが、このままでは返済能力が足りていない方や何かしらの問題のある方はキャッシングができなくなるのでは、という問題も懸念されています。

総量規制対象外とは

ちなみに、賃金業法では総量規制に関して、総量規制対象外となる「例外貸付」と「除外貸付」という二つの総量規制の対象にならない貸し付けに関して分類がされています。

その内の除外貸付について挙げていきましょう。

  • 不動産購入、不動産改良のための貸付(住宅ローンやつなぎ融資)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付(マイカーローン、自動車ローン)
  • 高額治療費の貸付
  • 有価証券担保貸付
  • 不動産担保貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付(いわゆる住宅ローンの残り)
  • 融通手形以外の手形の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円を超える貸し付け
  • 賃金業者を債権者とする金銭賃借契約の媒介

などになります。これらは総量規制の対象にはなりません。例えば、住宅ローンを抱えていたとしても、そのローンは総量規制の年収の3分の1に含めなくていいのです。

総量規制の例外となる借入

では、次は例外貸付について挙げてみましょう。

  • 顧客に一方的有利となる借り換え(借り換えローンやおまとめローン)
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と合わせた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付(ビジネスローンや事業用ローン)
  • 預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでのつなぎ融資にかかわる貸付

要するに、通常では借りることはできないが、急を要する多額の医療費を総量規制の例外として借入できるという仕組みや、複数のローンをまとめるおまとめローンや借り換えローンが代表的な例外だと言えるでしょう。

銀行のカードローンは総量規制対象外

銀行カードローンはこれまでに述べた通り、総量規制の対象外です。理由としては金融業法の範囲外であり、銀行は銀行法という法律によって規制されているために、同じキャッシングでもまったく別物として取り扱われるからです。

もちろん、最初から総量規制以上のお金を借りることができますが、もう既に総量規制一杯のお金を借りていたとしても、新規に銀行カードローンに申し込みをして審査を受けて融資を受けることは可能です。

もっとも、年収の3分の1以上のお金をもう既に借りているような場合ですと、審査における信用情報は決していい状態とは言えず、審査は厳しくなるので、融資を受けるのは難しくなっています。総量規制以上のお金を借りるなら、最初から銀行カードローンに申し込んだ方がいいでしょう。

おまとめローンは総量規制対象外

上述の通り、おまとめローンは例外貸付であり、総量規制の対象外になります。

おまとめローンや借り換えローンは、金融機関の利益が少なく、金利率を下げる、借入先を一つにまとめるというような利用者のメリットが大きく、「顧客に一方的に有利な借り換え」に当たると判断されるからです。

ですので、消費者金融でもおまとめローンは総量規制を気にすることなく借りることが出来ます。

もしも、総量規制上限までお金を借りていて、多重債務になっている場合はおまとめローンを相談して考えるといいでしょう。

ただ、場合によっては債務整理をした方がいい場合もありますので、絶対におまとめローンが最良の解決策とは限らないので注意しましょう。