高齢者 シニア お金借りたい



シニアや高齢者はお金を借りれる?

シニア・高齢者

シニア・高齢者

シニアや高齢者もお金を借りたいと思う時はあるでしょう。しかし、お金を貸す方としては、きちんと返ってくる確証が欲しいのが実際のところです。収入的には審査は厳しくなりがちです。

しかし、返済が可能であると判断されれば借りることができるとも言えます。確かに厳しいですが、全く借りることができないというわけではありません。

シニアや高齢者もお金を借りるためのポイントを本文中で説明していきます。

まず、基本的にですがシニアや高齢者の方は基本的に金融機関からお金を借りにくいです。しかし、あくまでも借りにくいだけで、条件をクリアすれば借りられる可能性もあります。

条件になるのは収入や年齢、そして借り入れを申し込む金融機関の種類です。

シニアや高齢者の方がお金を借りるのに必要な条件

シニアや高齢者がお金を借りるときに焦点となる条件は以下の通りです。

  • 毎月、安定した収入があること

年金がまず候補に浮かびますが、実は殆どの金融機関で年金だけではキャッシングの利用ができないことになっています。

他に候補になる収入は給与、恩給、不動産の賃貸収入(事業として行うものを除く)、事業所得が収入に認められている。

  • 年齢条件を満たしていること

消費者金融、例えばプロミスは、満20歳から満69歳未満が利用可能条件です。他の消費者金融も似たような傾向です。他にも、アコム、アイフル、モビット、ノーローンが満20歳から満69歳未満までが利用条件です。

一方、銀行系のカードローンの利用可能年齢は多少ばらつきが出ます。5社ほど例としてあげると以下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行 20歳から65歳未満までが条件
  • みずほ銀行 20歳から66歳未満までが条件
  • 新生銀行 20歳から70歳未満までが条件
  • オリックス銀行 20歳から65歳未満までが条件
  • 楽天銀行 20歳から62歳未満までが条件

大手銀行だけでなく、楽天銀行などのネット銀行でも取り扱いがあります。ばらつきはありましたが、利用時上限は65歳未満が多いようです。

このように年齢制限がやはり厳しいです。安定した収入が見込めても、70歳以上だと銀行系カードローンも消費者金融系のカードローンも利用できないということです。

70歳以上は市役所や公的金融機関を利用しましょう

70歳以上でお金を借りようと思えば、生活福祉資金貸付制度というものがあります。年齢や収入などの条件でお金を借りられない人は検討してみてください。

生活福祉資金貸付制度とは消費者金融や銀行で貸付を断られてしまう人や、貸付の条件を満たさない人向けの制度です。収入が低いことや、年齢制限を超えている場合にも利用できます。主に無利子で、あるいはとても低い金利でお金を借りることができます。

これ自体は国の厚生労働省が管轄しており、各市町村に存在している社会福祉協議会が窓口となります。社会福祉協議会は大体において市役所の中に存在するので、市役所に相談しに行くというイメージを持っている人も多いです。

この制度は設立の目的からして、経済的に苦しい人が対象です。民間からお金を借りることとは違い、公的制度を利用してお金を借りているため低金利となります。

申込時には原則として連帯保証人が必要です。保証人がいれば無利子となる貸付資金が多いです。一方で、保証人が用意できなければ、金利は1.5%くらいになります。

先程も書いた通り、窓口は社会福祉協議会です。市役所や町役場の庁舎に入っていますので、シニアの方でどうしてもお金を必要とする場合は市役所に相談に行くと考えましょう。

ただし、生活困窮者向けです。贅沢することには使えないので注意しましょう。

もうひとつ、年金担保貸付事業という制度もあります。年金受給者が年金を担保にお金を借りられる制度です。日本では唯一の年金を担保にした制度になります。

年金受給者がまとまったお金が必要になった時に、将来支給予定の年金を担保として国から融資を受けることができる制度です。連帯保証人が原則必要ですが、いない場合も対応してくれます。

国民年金や厚生年金などを受給している人が対象になります。限度額としては受給年金額1年分の0.8倍までです。また、生活資金として借り入れた場合は、限度額は80万円となっています。公的制度ですので、金利は1.8%となっており低金利です。

シニアや高齢者の方の場合年齢が最優先

シニアや高齢者がお金を借りようと思った場合は、収入や限度額などを気にするよりも、年齢を気にするのが良いでしょう。

消費者金融系カードローンであれば、69歳までは対応してくれる消費者金融もあります。しかし、70歳以上は民間ではお金を借り入れることはできません。相談するのは公的な機関となります。

借りるのは厳しいですが、まるで借りる手段がないというわけではありません。老年となっても、まとまったお金が必要な瞬間はあります。その時のために高齢者向けに融資の制度が用意されています。

もちろん年金から返済する場合は、今後の生活に困らないように慎重に計画を建てましょう。