パート アルバイト お金借りたい



パートやアルバイトはお金を借りれる?

パート・アルバイト

パート・アルバイト

パートやアルバイトをしているとどうもお金を借りるというのが難しい気がする。カードローン=正社員のイメージですもんね。実際にパート・アルバイトでもお金を借りることが出来るんでしょうか??

答えはYESです!幾つか条件はありますが、問題なくお金を借りることが出来ましたよ。審査を通すためにもこの後詳しく紹介しますね。

\即日でも対応OK!/
パートやアルバイトでも今すぐ借りれるカードローンは

カードレス

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

最短即日

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
アコムの公式サイトへ
アコムの公式サイトへ

アイフル

◎アイフルの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 アイフル株式会社

アイフルの公式サイトへ
アイフルの公式サイトへ

LPバナー 200x200

◎モビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット
モビットの公式サイトへ
モビットの公式サイトへ

オリックス銀行カードローン

◎オリックス銀行カードローンの基本情報
実質年率 3.0%~17.8%
限度額 800万円
審査時間 最短即日
運営会社 オリックス銀行株式会社

プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

パート・アルバイトがお金を借りる際どこに注意すればいいの?

パートやアルバイトの方がお金を借りるのは正社員に比べるとたしかに難しいです。
しかし、キャッシングが絶対に利用できないのかと言われれば、そうではありません。あくまでもキャッシング審査に通過し辛くなるだけであって、お金を借りられないという訳ではありません。

そこで注目されるのは2点です。
自身の収入があるのか、自身の信用情報が大丈夫かどうかです。

自分自身の収入がきちんとあるのか?

収入に関しては十分に広く知れ渡っているとは思いますが、キャッシングは収入さえあるのなら、借入のための条件を満たすことになります。
もちろん、収入が低ければその分だけ借入できる金額は下がります。パートやアルバイトの場合はこの金額がほぼ最低ランクの金額になりますので、高額の借入を希望する場合には借入できなくなる可能性が高くなり、実際にそれで審査に落ちている人もいます。

自分自身の信用情報は大丈夫?

信用情報は、自身のこれまでのキャッシング履歴やクレジットカードの使用履歴などが影響します。
真っ新な人は特に大きな違いはありませんが、いい信用情報を持っていると借入し易くなり、悪い信用情報を持っていると、例えば多重債務や延滞履歴などがあると、借入が難しくなります。

他の審査を通りやすくする条件とは?

また、他にも借入をし易くなる条件があります。例えば、収入のある家族、定職についている両親や夫、妻などがいて、パートやアルバイトをしている場合にはある程度は借入がし易くなります。

他の例としては、アルバイトやパートであっても、一つの職場に長く勤務していると審査に通過し易くなると言われています。理由としては、失職しにくくなるからですね。いくらパートやアルバイトであっても、10年も働いている人は仕事に中心になってしまいますからね。

もちろん、10年も働いている人は一つの極端な例に過ぎませんが、最低でも1年以上はあれば借入がしやすくなると言われています。

パート・アルバイトが借りられる金額ってどれくらい

パートやアルバイトの方が借入できるのは、主に少額融資で10万円から30万円くらいが相場と言われています。

キャッシング会社の考えとしては、パートやアルバイトの人達に多額のお金を貸すのはリスクになるから、高いお金を貸しづらいということがあります。

ただ、それ以外にも消費者金融の場合は、総量規制も関わりますね。消費者金融などの賃金業者は、賃金業法の総量規制によって、年収の3分の1以上は借入できなくなっています。

そのためパートで年間100万円の収入を得ている場合には、最高でも33万円台となるのです。もっとも、この総量規制いっぱいの金額が借入できることはそうそうないでしょう。

パートやアルバイトで仕事をしている人が、いきなり自分の総量規制ぎりぎりのお金を借入できることはなく、基本的にはどれくらいの借入希望金額を望んでいたとしても、最低限度額の10万円からスタートすることになることが多いです。

理由としては、借入先のキャッシング会社がまだまだ十分に信用していないからですね。
特に、これまでにキャッシングを利用したことが無い人は、信用情報もほとんどありませんので、余計に金額が落ち込みやすくなります。

銀行のカードローンは総量規制対象外

銀行カードローンの審査は、消費者金融系のカードローンと比べて厳しく、パートやアルバイトの方が借入をするのは極めて難しくなります。

そもそも、銀行は少額融資よりも高額融資を優先する傾向にありますので、目的になかなか合わないのです。

なお、総量規制の対象にはならず、総量規制以上の借り入れができますが、借入をする際には給与明細や源泉徴収書などの収入証明書が必要になります。

パート・アルバイトが借りる時の在籍確認について

在席確認はパートやアルバイトの方にも行われます。その際には、電話で勤務先に電話が来ますが、キャッシングの電話だと言うことは分からなように、オペレーターが個人名で電話をしてくれますので、特に問題はありません。

もちろん、自分が出ても自分が出なくとも、その勤務先に在籍していることが分かるような反応が帰ってくれば大丈夫です。今日はいない、今はいない、などの返答が主ですね。自分が出るのが一番楽で、問題がないので、確実に自分が在籍確認の電話に出たいのであれば、時間帯の調整などのことを申し込み後に電話で相談するといいでしょう。

キャッシング会社は消費者金融でも銀行でも、これらの相談には親身に対応して頂けます。

消費者金融の借り入れと銀行系カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンには、それぞれの表と裏のようなメリットとデメリットがあります。
消費者金融は、審査が易しい、審査が早く即日融資が受けられる、少額融資に向いている、金利が高い、総量規制がある、というような特徴です。

銀行系のカードローンは、審査が厳しい、即日融資が難しい、100万円以上の高額融資に向いている、金利が安い、総量規制の対象にならない、というような特徴があります。

どちらがいいかは、それぞれの利用者ごとに決めることになりますが、どのような点を重視するかによって、消費者金融と銀行系のカードローンのどちらが、今の自分の目的に合っているかを考えて利用するといいでしょう。

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら