新生銀行カードローン レイク



新生銀行レイクカードローン

◎新生銀行レイクカードローンの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社新生銀行
新生銀行レイクの公式サイトへ

新生銀行のカードローン「レイク」は消費者金融で行われているサービスもあわせ持つ魅力的なカードローンです。

特に効果を発揮するのは、少額借入の時と他の業者からのローンの一本化、おまとめローンとして利用する時です。

また新生銀行カードローンでの借り入れは即日審査、回答も可能であることから、高い利便性を持つカードローンとして利用することも可能になります。

その他にも新生銀行カードローンについて、いくつかポイントがあります。以下、本文中ではそれらポイントについてまとめていきます。

新生銀行レイクについて

新生銀行カードローンのレイクのブランドコンセプトは、自分なりの生活スタイルや考えの尊重だそうです。日々変化していくニーズに応えると語っているからか、レイクにはいくつかの特徴的なポイントがあります。

レイクには2つの無利息ローンがあります。借りる側の都合によって、2つの無利息ローンから選択できます。

借入の金額で無利息の期間が決まってきます。本来であれば、銀行系カードローンとしては極めて珍しいサービスです。

借入を急ぎたい場合でもレイクなら安心して利用できます。申し込んだその日のうちに借入も可能です。これ自体は申し込みの時刻にもよるところが多いですが、普通の銀行系カードローンより利便性が高いです。

また、WEB上で全て申し込みができる「WEB完結」なので来店が必要ありません。本人確認の書類などもアプリやメールで送ることができ、周囲の人にカードローンを利用していることがバレにくいです。

無利息期間が2つから選べます

新生銀行カードローンの「レイク」には2つの無利息ローンが存在します。それぞれの内容を書き出します。

ひとつは、初めての借り入れなら借入の全額が30日間利息0円になります。初回契約の翌日から無利息となり、無利息期間の経過後は通常金利が適用されます。

もうひとつの無利息ローンは契約額が1万円から200万円の人で、初めて借りる場合に5万円までが180日間利息0円になります。こちらも初回契約翌日から無利息で、5万円を超えた分は通常金利が適用されます。

共通していることは初めて借入を利用する場合に選べる無利息ローンであるということです。

また、二つの無利息ローンは併用できません。どちらかしか利用できないので、はじめて利用しようと思うと、迷うかもしれません。

基本的に30万円以上であれば、30日間の無利息を選ぶべきでしょう。それ以下なら180日間の無利息を選ぶべきです。

公式サイトにも「どっちがお得?早見表」や「どっちがお得?シミュレーション」があるので、調べてから借りるようにしましょう。一目でわかるようにできています。

WEB完結でネットで全て申し込み

新生銀行カードローン「レイク」はWEB上で全ての申し込みを行える「WEB完結」の仕組みがあります。

本人確認書類も今は、スマホのアプリやメールで送ることができます。また、100万円以下なら収入証明書の提出を省略できるため、審査をスムーズに行うことができます。

WEB完結の仕組みで、自分がカードローンを利用している事がばれることを防ぎやすくなります。来店が不要なので、そもそも「レイク」を利用しようとしていることがわからないでしょう。

最大の利点として、バレル原因になりやすい郵便物を減らすことが出来ます。WEB明細書が基本になっているからです。郵便物が少ない、それだけで周囲の人に気付かれにくくなるでしょう。

即日審査や即日融資にも対応可能

レイクに申し込んだ後は、即日審査が始まります。平日14時までの申し込みであれば、審査の回答はその日の間にもらえ、さらに振込も対応してもらえます。ただし、振込利用の場合は、口座が必要になることに注意です。

本来の銀行系のカードローンは、審査に時間がかかるのが普通です。しかし、レイクでは消費者金融系カードローン並みに審査が早いです。

即日審査、即日振込に対応している銀行系カードローンは珍しいでしょう。この早さには先に述べたWEB完結の申し込みも一役買っています。いちいち来店したり、実際の書類を郵送したりする手間が省けるからです。

総量規制対象外なので十分に借りれます

新生銀行カードローン「レイク」はあまり金利が低くない銀行系カードローンです。しかし、銀行系カードローンの強みはしっかりと持っています。それは、年収の1/3を超える借入も可能であることです。

総量規制法によって、消費者金融系カードローンは年収の1/3を超える借り入れは不可能となっています。しかし、銀行はその法律の影響下にありません。1/3を超える高額な借り入れも可能となります。

ただし、なんの意図もなく高額な借入だけをする意味はほとんどありません。例えば、複数の業者からのローンの一本化、通称「おまとめローン」としての使い方には極めて有効です。

レイクはおまとめローンに向いている銀行系カードローンの一つです。高額になればなるほど金利は下がるので、弱点もあまり気になりません。

新生銀行レイクカードローン

◎新生銀行レイクカードローンの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社新生銀行
新生銀行レイクの公式サイトへ