個人事業主 お金借りる



個人事業主がお金を借りたい場合

個人事業主

個人事業主

個人事業主は、銀行や消費者金融、その他にも日本金融公庫などからお金を借りることができます。

また、事業専用のビジネスローンなどもありますね。そのような物を利用してお金を借りる方法を紹介したいと思います。

個人事業主が銀行から融資を受ける

銀行からの個人事業主の事業資金の借り入れは難しいと言われています。

融資を受けるのが難しいだけであって、不可能と言う訳ではありません。ですが、不可能と言う訳ではありません。
収入が不安定、勤務形態が不透明となっていると借入がしにくいと言われています。

銀行の中には、無担保で融資をしてくれることもありますが、ある程度の月収が必要になりますし、事業によってはバスやトラックなどの担保が必要になることがあります。

漁業や農業などに関しては、銀行が専用のローンを用意している場合もありますので、そちらの方が利用し易い事もあります。

しかし、借入がしにくいという理由がありますので、個人事業主が銀行を頼りにするのは非常に難しい事です。
資金力のある三大メガバンクですら、個人事業主向けのローンは用意しておらず、事業用ローンとしては事業資金用のローンを用意はしているものの、それらは法人向けとなっており、保証人として取締役会の承認が必要などの条件が課せられているために、個人事業主がお金を借りるのは非常に難しくなってしまっています。

業種にもよりますが、銀行からの借り入れは個人事業主がしようとするのはあまりおすすめが出来ないと言えるでしょう。

利用するのであれば、銀行にあまりこだわる必要もありません。銀行におけるメリットとしては低金利と借入金額が多額になりがち、という点が挙げられますが、それらであれば、後述する他の借入方法でも、カバーすることは可能となっています。

個人事業主がビジネスローンで融資を受ける

ビジネスローンは、中小企業や個人事業者向けのローンを専門に取り扱っているもので、取り扱っているのは消費者金融やクレジットカード会社が多くなっています。

また、こう言ったローンはノンバンク系と呼ばれており、銀行ではない借入先となっています。

メリットとしては、対応がかなり早くなっています。銀行だと1ヶ月くらいかかるケースもあるようですが、ノンバンク系のビジネスローンであれば、即日融資ができることもあるほどの対応の早さとなっています。

また、振り込み融資によるサービスもあります。銀行では現金での受け取りに限定されることもありますので、多額になるとかなり不便です。ですが、ビジネスローンであれば、その心配が無く、高い利便性を誇っていると言えるでしょう。

銀行と比べた際にさらに大きな違いとなるのが、審査の通過率の高さです。銀行は通過が厳しいと言いましたが、ビジネスローンの場合はそう厳しいことはありません。

また、担保や保証人も不要ですし、ビジネスローンは総量規制の対象となっていますので、これらも大きなメリットだと言えるでしょう。
ただ、金利が高く、銀行と比べると限度額が少額になってしまうというデメリットがあるのも確かな事です。

ちなみに、ビジネスローンを上げると、ビジネクストの「ビジネスローン」、シンキの「オーナーズセレクトカード」、オリックスVIPローンカードBUSINESS、セゾンファンデックス「事業コース」などが挙げられます。

個人事業主が日本政策金融公庫から融資を受ける

日本政策金融公庫は、お金を借りることのできる公的機関です。3週間から1ヶ月ほどの審査時間はかかりますが、事業用の融資を受けることができます。 こちらを利用する際のメリットとして、まず第一に挙げられるのが、銀行よりも低い金利率になっていることです。高額融資はもちろんのこと、少額融資までもが低金利となっているので、個人事業主が借りる上ではかなり大きなメリットでしょう。

他には、審査に通過する確率が高い事です。とくに、個人事業主や実績の少ない企業家の方でも、簡単にお金を借りることが出来、銀行やビジネスローンの審査に通過しなかった人でも、買い入れをし易く、事業資金を集めやすくなっています。

他にも担保なしで借入が出来ますし、インターネットからの申し込みも行えるので、かなり利便性も高いです。

個人事業主は消費者金融系のカードローンでお金を借りられない?

個人事業主は、事業用以外の目的でなければ、消費者金融系のカードローンを利用することも難しくはありません。

借入の申し込みをする際には、収入証明書がとして確定申告書の写しなどが必要になりますが、そちらを見せて、収入が安定しているかどうかを判断されます。

ただ、サラリーマンや公務員などと比較をすると、属性は低くなってしまっており、借入の審査に通過できる可能性がかなり低くなりますので、注意しましょう。

しかし、収入が十分にあり、今後も失業することがないと安定性が審査によって見いだされれば、審査に通過することは十分に考えられます。また、高額融資は借入し辛いので、少額融資を受けるつもりで、借入希望金額を少額に設定しておくと、審査に通過し易くなるでしょう。

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら