公的機関 お金借りる



公的機関からお金を借りたい場合に

公的機関から借り入れをする方法の一つとして、生活福祉金貸付制度と呼ばれるものがあります。

他の金融機関からの借入、カードローンは収入が安定的にある人を対象にして行われますが、この生活福祉金貸付制度は、収入が少ない世帯を対象としているものであり、貸付をするのは国となっていて、金利率がほとんどゼロに近い程の低金利となっています。

このようなものがあることを知っている方はかなり少ないので、利用者はそこまで多くはありませんが、生活の助けになることは間違いありません。

生活福祉資金貸付制度について

生活福祉金制度を執り行っているのは国ですが、利用者が直接国に対して借り入れを申し込むことはありません。窓口となっているのは、国ではなく市町村の自治体であり、それぞれの社会福祉協議会が担当しています。

社会福祉協議会は、福祉やボランティアの活動支援を行う機関であり、半官半民組織となっており、生活保護などの窓口も担当しています。

利子に関しては保証人の有無で変ります。保証人がいれば無利子となり、保証人がいなければ1.5%の利子となります。利子が発生するとは言え、ほんの1.5%程度ですから、あってないようなものですね。なので、無理をして保証人を探す必要もないでしょう。

貸付金額は最大で580万円となっており、借入をする貸し付けの種類によって金額は変わります。

これらは非常に嬉しい点だと言えますが、審査基準がかなり厳しく設定されていたり、審査に掛かる時間が最低でも1ヶ月となっているため、かなりの長期間待たされてしまうこともあります。

なお、生活福祉金制度は、利用目的の違いによって三つの種類に分けられます。

生活再建のための「総合支援資金」、一時的に必要な生活費などの資金のための「福祉資金」、高校や大学、専門学校に通うために必要なお金を賄う「教育支援金」の三つとなります。

もちろん、これらのお金が不足している方を対象にしている借入であり、それ以外の方は利用不可能です。

総合支援金は、収入が無く、家賃ですら支払えないような方、福祉金は何かしらの事情でまとまったお金が必要で、自身の収入で賄えない方、進学や入学のために必要な資金が、自身の収入では用意できない方、などが借り入れができる人になります。

なお、総合支援金は目的にもよりますが、最低15万円から60万円以内を、分割支払いか一括支払いで支払われます。
福祉資金は最高280万円から最低で10万円未満、教育支援金の場合は、最低3.5万円から最高50万円以内となります。

福祉貸付を受けられる条件の人とは

福祉貸付を利用することが出来る人は、条件が決まっています。
その条件を挙げると以下のようになります。

  • 低所得世帯
  • 他の制度を利用することが出来ない人
  • 返済をする見込みがあること
  • 福祉貸付を申し込む都道比肩に住んでいる事
  • 福祉貸付の連帯保証人になっていないこと

です。後者の二つに関しては、非常に単純な条件ですね。自身の住んでいる場所の自治体の福祉貸付しか利用することはできず、保証人になっているようであれば、そもそも利用する資格がないということになります。

低所得世帯は、世帯人員ごとに、平均月収以下の状態となっていることで判断されます。ちなみに、総合支援金に関しては、世帯収入が無くとも利用することが可能になっていますが、福祉資金と教育支援金に申し込む場合は収入があることが条件となります。

福祉資金と併用して利用することができない制度はいくつかあります。

生活保護、失業保険、傷病手当金、高額治療費制度、住宅支援給付、奨学金、母子寡婦福祉資金となります。
これらを受けている際に、申し込みをしたとしても申込みの時点ではねられてしまいますので、注意しましょう。

返済の見込みついてですが、もちろん何かしらのお仕事をしていて、収入があることも一つの条件ではありますが、それ以上に、健康であるか、仕事に就くことが出来るか、資格を持っているか、やる気があるか、などから判断されます。

例えば、申請者が病気になってしまっている場合には、返済をする見込みがないと判断されてしまうようです。そのような方の場合には、生活保護を受けることになるでしょう。

生活福祉資金貸付制度で融資は難しい

生活福祉資金はかなり審査の基準が厳しく設定されています。消費者金融や銀行などとは比べものになりません。
そもそも、利益のために貸付を行っているわけではなく、利息もかなり少なく設定されていますので、その分だけ厳正な審査を行わなければならなくなるのです。

もちろん、審査に落ちてしまう確率がかなり高いだけではなく、そのために審査に掛かる時間も長くなっているのだと言えるでしょう。
もし仮に、早くお金を借りたい、確実にお金を借りたいと思うのならば、生活福祉金に拘る必要はありません。

そもそも、生活福祉金はその目的に合った場合にしか、利用することはできませんので、別の目的のためにお金を借りるのであれば、こちらは利用できないのです。ですので、別の目的でお金を借りる場合には消費者金融などを利用するといいでしょう。